FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりはしないぜ~!


53c53c36Ti157AP6.png
53c6a86cXaBc1DAs.png

あひるの空  39巻

自分がこのバスケットボール漫画を読んだのは半年前です。
本当にタダの暇つぶしでした。
ただ、この漫画を読んで自分の生活がちょっとだけ変わりました。一日一日を大切にしようと思いました。
それだけ空くんたちが熱中していた日々がどんなに尊いか大人になってからわかるからです。
実は数年前何巻が読んだ覚えがあります。あまり覚えてなかったけど、主人公がシューズを守ろうとして
不良たちにボッコボコにされるという内容しか覚えてませんでした。
途中で読むのをやめてしまったのですが、何故に今その漫画がそんなに自分に響くのか謎です。w自分はバレーボールをやってるのですが、もう年だし・・若い世代がやってくれれば・・とも思ってたのですが、まだまだ自分のできることはあるんじゃないかとまたもう一つ踏み出せたのに凄く貢献してくれた漫画でした。
それからよく本物の試合を見るようになりましたし
漫画で今何した?みたいなわかりにくい表現も実際のプレイをみると安易に想像できて
これまた興奮でした。

バスケットボールの試合は、面白いか面白く無いか極端に2つしかありません。
そしてテレビでみるよりも生でみるほうが、俄然面白いです。あたりまえですが;;腰が何度も浮いてしまいます。

ただ高校生たちは、ダブルスコアでも100点プレイをされても、心折れつつも何とか打開しようという
気持ちが見えて応援したくなります・・・


自分の話を長々話してしまいすみません。
以下39巻の感想です。

ネタバレが含まれるので追記で・・まだ見てない方は見ないほうがいいかと・・・

まさに綱渡りの構成でした。
1回読んだだけでは、時系列の整理がつかずなんとなくスースーするというか・・・。今までじっくりと丁寧に熱く試合を読ませてもらっていたので、あまり熱量を感じない巻だと思いました。でも・・また特別ななにかモヤモヤしたものが襲ってきて
何か!何かしないと!←wwとまた昂ぶりが襲ってきましたww

位置感覚で言えばベスト・コレクションのような感じかもしれません。
単行本で通して何度か読めば、うーんこの構成は凄いことになってる。ってわかるのですが、週刊誌で読んでたらいったいなんのことやらわからなくなってる気がしてなりませんw

「どうしたらあひるの空を解ってもらえるだろう」作者のあとがきの言葉ですが、まさにその言葉に尽きる39巻でした。
他のスポーツ漫画とは違うんだよってことを言いたいのではなく、作者さんが描きたいことの思いを読者に伝えたいという
気持ちだと思います。
そのために、最終話をまだ連載が続く中載せたんだと思います。スポーツ漫画としてはやってはいけないことを
やってみたのです。結果ありきのスポーツ漫画・・・それは面白いのかどうかというと普通はつまらないと思います。
作者は結果よりも大切なシーンがあるといってます。まさにそれが読者に伝えたいこと、本当のあひるの空の姿なんだと
思います。自分は見届けたいなって思いました。

簡単にまとめると、無名の弱小校が全国に名を轟かすそんな奇跡の物語でははい→挫折と再生と革命→偉大なる敗戦への軌跡→結果より大切なもの→終わりは始まり

てな感じなんでしょうか、こんな簡単にまとめられる話ではないですが;;

あひるの空を人にもっといろんな人に読んで欲しいと思いますがなにせ巻数が多いし
最初が10年前に描かれたものなので時代にあっておらず、好き嫌いもあるだろうから簡単にはすすめられません・・
当初自分は、バスケットボールや部活動でしてる学生かまたやってきた人しか分かり得ない話だと思ってました。
もちろんキャラは魅力的に描かれてるのですが、それよりも音や匂い、空気や明るさや温度・・など五感に訴えてきて
その当時が思い出されたまらない気持ちになるのです。
なのでなんとなく、話がわかり得られそうな方にしか薦めないですww

アンチの話は聞かなくていいと思います。ろくすっぽ読んでないのがわかります。

あのあとがきせいで、39巻で終わりと思ってる人がいます・・・まだまだ続きますよ~!

千秋と常盤くんの話をぐっと引き立ててる歌  Going Under Groundの「さかさまワールド」
「世界はさかさまにできている」それは今回39巻のKeyになる言葉だと思います。
絶対は決して絶対ではないし、不可能は限りなく可能に近い・・そんな場面がいっぱい散りばめられてる巻になっていると
思います。最後のお母さんの話もそんな願いが込められてる話だと思いました。

「ふわりのこと」
書き下ろしたこの話、いい話でしたね。これだけみると空パパが凄い人だとわかります。
だから頑張ろうと思う。明日も頑張ろうと思うんだ。由夏さんの思いもひしひしと伝わってきました

http://j-lyric.net/artist/a0546bd/l0258fa.html

この歌の詩とリンクしているようなので是非見てみてくださいね。

あひるの空がちょっとポエミーなのはこういうのがあるからなのかなww

あんまり押し付けがましくなく自分は好きですけどね。あとイヤホンとかゲームとかいろんなネタが入ってるので
よくはわからないのですが話を聞いてると面白いです。

長々と失礼しました。(まだ語り不足w)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あひるの空が好きすぎてブログにしている者です。

おはつです。たらこと申します。

あひるの空が好きすぎてブログにしている者です。

この記事を少し紹介させていただきました。

http://ameblo.jp/sunsun119/entry-12008713987.html

不適切であるなら削除しますので、メッセージください。

あひるの空読んでると熱くなりますよね~~

Re: あひるの空が好きすぎてブログにしている者です。

たらこさん、はじめまして。メッセージありがとうございます!

なんと私の稚拙な文体のブログを紹介していただけて嬉しいです(+o+)ありがとうございます。

こちらからも、ツイッタ、ブログ等で紹介させてよろしいでしょうか。

あひるの空をもっと広めたいですよね。

よろしくお願いいたします!

ぜひぜひ紹介してください<(_ _)>

blue-moonさんのブログを読んで、「ふわりのこと」って歌があること知って、音楽に乗せてみたんです!

↓↓↓
http://ameblo.jp/sunsun119/entry-12009996993.html


またあひるの空のこと書いてくださいね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。